カロリー暴露の不一致

カロリー荷札の違い
最近は計画にカロリー荷札があるので、注文するときにカロリーをチェックするようにしてください。

 

外食以外にも超絶やコンビニでにおける作製食物荷札に表示されている「栄養成分」は、タフ発展法という条例の「栄養荷札前提システム」を通じて記載されています。

 

テーマや炊事方法の幅などでもカロリーの音量は変動してしまう。そのため、こういう前提では「±20百分率までの荷札違い」が認められているのです。

 

よくあるのは、食堂の計画の登録では「500カロリー」となっていても、じつは600カロリーですパーセンテージはあります。

 

「±20百分率までの荷札違い」が認められているので、荷札上の違反もないのです。カロリーの荷札本人、条例前文義務づけられていません。

 

夕食や食物のカロリー荷札の精度見る対策無いので、最初から荷札のカロリーから2追加としておくとカロリーオーバーすることは少なくなります。

 

グルコバイ表紙へ